白髪染めトリートメントのデメリット

注目を集めている白髪染めトリートメントですが、中にはデメリットのある商品もある様です。

白髪染めトリートメントを選ぶ際にはそんなデメリットのことを知って選ぶ様にしましょう。

白髪染めトリートメントのデメリットとしては、第一に言えるのは「髪が全然染まらない」ということです。

これはもちろん一部の白髪染めトリートメントに言えることなのですが、なかなか色が染まらず、結局美容院に行ったというレビュー等がある商品はチェックしておく必要があります。

その人の髪の状態によって使い心地は違ってきますので、試供品を試してみる、返金制度があるなどの商品を試してみると良いかもしれません。

また、「髪が全然染まらない」という商品に関しては、放置時間にも関係しています。

多くの白髪染めトリートメントの場合、大体5分から10分程度の放置で髪が染まる様になっていますが、実は放置する時間がもっと長い方が髪に色が浸透するという場合もあります。

ただし、デメリットとして上げられることとしては「放置時間が長い」という点もありますので、理想としては放置時間が短く、髪への浸透率が高い白髪染めトリートメントを選ぶことです。

その他のデメリットとしては、白髪染めトリートメントだとコストがかかるという点です。

これについては白髪の多さや使用頻度、白髪染めトリートメントのブランドによって、異なるのですが、日常的に通常のトリートメントと同様な使い方をする場合は確かにコストがかかるというデメリットがあるでしょう。