監理技術者の「転職にともなう源泉徴収票」とはどういう意味?

源泉徴収票は1年間の収入と納税額が示されたもの。

転職した場合は、次の会社に提出するのが義務になっています。

もう少し説明してみましょう。

源泉徴収票とはどんなものか。

源泉徴収票というのは、会社に勤めている人などが、毎年会社からもらうものです。

どういうものかというと、1年間に自分がどんな仕事をしたか、収入はどれくらいあったかが1枚の書類に記載されているものです。

収入を得た取引先、税金の納付額、控除された額、扶養家族の有無などが項目ごとに明記されているので、税務上の必要な情報が一目瞭然の状態になっています。

この源泉徴収票は、転職者が転職先に提出する義務を負っています。

転職後は新しい会社の担当者からその所在を聞かれますので、大切に保管してください。

監理技術者と源泉徴収票の関係。

監理技術者の転職と源泉徴収票にどんな関係があるのかということについてですが、役職や職種などと源泉徴収票との関係はありません。

また転職者だから提出しなければならないということではありません。

就業先が変わったので、新しい就職先に提出するようにというだけのことです。

誰もが源泉徴収票を提出する義務があり、それをもとに給与や報酬などの手続きがなされます。

源泉徴収票の提出は、転職とか監理技術者だから必要という書類ではありません。

すべての職業人に求められるものです。

源泉徴収票は以前に勤めていた会社が、税務署に対して申告していた書類の一部です。

会社に勤めていないフリーランス、自営業の人もこの源泉徴収票をもとに年末調整のための申告を行っています。

収入のある人すべてに共通したものです。

※オススメ記事・・・これならわかる!源泉徴収票のキホンの見方 – MONEY PLUS