前職も監理技術者。転職先に源泉徴収票を出す必要は?

源泉徴収票の存在は、毎年会社から発行され目にしていても、その意味を理解している人は少ないようです。

監理技術者と転職先、源泉徴収票についてお話しします。

前職が同じでも源泉徴収票は必須。

前職が同じ監理技術者であっても監理技術者でなくても、それと源泉徴収票の提出とは関係がありません。

「同じだから出さなければいけない」というものではなく、源泉徴収票は年末調整に使われる大切な資料だからです。

会社は毎年、社員の年収や報酬を1人ずつ「だいたいこんなものだろう」と想定して、それをもとに所得税を税務署に納税しています。

いわば自分の税金が前払いされているのです。

この納税額が年末になって過払いの状態であれば税金は戻り、不足していたら追徴されます。

年末調整を終えることで一人前?

これが年末調整です。

したがって転職した場合は、前の会社で発行してもらった源泉徴収票を転職先に提出し、継続してもらう必要があります。

これがないと年末調整が受けられなくなります。

少し突っ込んだお話をすると、源泉徴収票は自分の収入が細かく記載されているので、年収証明書のようなもの。

年末調整はそれをもとに正確な納税額が算出されるので、企業人としての義務を果たした証明書。

これで社会人としても一人前になれたと言えるかもしれません。

転職したらまずは源泉徴収票を前の会社からもらっておく。

それは監理技術者でも同じです。

日常の中でそれほど存在感がなく、見過ごされてしまうのが源泉徴収票です。

でもこれは自分の社会人企業人としてのまっとうな歩みを示す証明書でもあります。

転職を申し出れば1か月後には発行してもらえます。